このままダラダラと車を所有していても意味が無い・・・
そう思っていつつもずーっと車の車検を更新するか悩んでいましたが、やっぱり維持費がムダだと言う結論にいたり、車を廃車にすることにしました。

もう10年以上も所有している車なので手放すのは大変寂しいことですが、
そろそろ年式的にも、あちこち故障してくる可能性があり、維持するだけでもお金がかかりそうなので、廃車を決断しました。

廃車買取専門店がある

車を売却するときはディーラー、中古車販売店、車買取店のどこかへ依頼することが多いでしょう。
廃車にするときはディーラーや中古車販売店へ依頼すると、お金がかかってしまうこともあります。

買取できるレベルの年式・走行距離ならその手の店でも引き取ってくれますが、廃車にするレベルの車だと0円もしくは、逆に廃車費用を払って引き取ってもらうことになります。

 

同じボロボロの車でも引き取ってもらうお店によって0円の場合もあれば、お金を払わなくちゃならないこともある。確実にいえることは、ディーラーなどへ廃車依頼するのは損だということ。

よく街中にある車買取店でも廃車レベルの車を買取もしくは、引き取りしてくれます。
しかし、廃車買取専門店と比べると金額が安かったり、引き取りだけしますというケースが多いです。

廃車を専門に買取してる店なら、走行できる車であれば1万円程度で引き取ってくれます。
どんなに古くてもOKなんです。故障してる車の場合は要相談になりますが、それでもディーラー等へ依頼するより安く引き取ってくれます。

 

廃車買取専門店だとどうして値段がつく!?

同じ車なのに売り先によって0円だったり数万円だったりするのはなぜなのでしょうか?
廃車買取専門店は、買取した車を自社で分解してパーツとして販売していたり、海外へ輸出しています。中古車買取店は買取した車をお客さんへ売ったり、オークションへ流して利益を出さなくてはならないため、中古車として価値がつかない車にはお金をつけれくれないのです。

廃車買取専門店とは買取した車の流通経路が違うため、価値ある車として引き取ってくれるのです。
確かに古い車であろうと、動く車なら間違いなく価値はあります。

 

たとえば、車の修理をするケースで、新品パーツを使って修理するより、中古品パーツを使って修理するほうが安く仕上げることができます。こういった中古パーツのニーズは一定数あるのです。
だから、国産の一般に流通量のある車種だと、古くても廃車買取店であれば確実に買い取りしてくれます。

どんなときに廃車買取専門店を使うべき!?

では、具体的にどんな場合に廃車買取を利用すべきかですが、車を処分したいと考えたときに、近所にある大手車買取店へ電話で査定してみましょう。この場合、一括査定サイトを使うのではなく、大手車買取店へ直接電話で値段がつくかどうか確認します。

電話で年式・距離などを伝えれば、「買取可能・買取不可・引取りのみ」のいずれかの回答がでます。
買取可能であれば実際に車を持ち込みして査定してもらいましょう。

買取不可・引取りのみの場合は、車買取店を使うのではなく、廃車買取専門店を使いましょう。
大手買取店では値段がつかないと回答された車でも、数万円で引き取りしてくれる可能性があります。

 

今一番行きたいのはダントツでハワイ!やっぱ憧れのハワイです。

そんなハワイですが、行くなら当然海外旅行保険は必須。
もしものためにもハワイの海外旅行保険に入っておくのが利口です。

 

 

更新日:

Copyright© 廃車買取は専門店を使うべき , 2019 AllRights Reserved.